目黒区池尻大橋のかみやす矯正歯科は小児矯正歯科も得意としています。小児矯正治療のメリットの案内。治療費、料金等ご相談受付中。

小児矯正治療のメリット

どうしてまだ、乳歯や全部永久歯に生え揃っていないうちから矯正治療が必要なのでしょうか?まだ、時期的に早いのではないでしょうか?

呼吸、発音の改善に繋がる

歯並びと呼吸、発音とは深い関係があります。小児矯正によって鼻のとおりが良くなったり、発音の改善にも役立ちます。例えば、歯が出ているこよは口を開いていることが多く、喉の乾燥によって風邪を引きやすいことにもつながります。

アゴの発育も利用できる

小児矯正ではアゴの発達も治療も利用しながら、歯を動かすことができます。アゴの幅を拡大したり、上下のアゴのバランスを修正することもできます。

歯を抜かない治療

小児からの矯正治療はアゴの発育も利用しながらの歯を抜かないで並びを良くする治療をめざしています。

期間が短い

小児矯正は全ての永久歯が萌えてからの矯正治療、(いわゆる大人の矯正)よりも期間的に早く終了します。

慣れが早い

子供たちは順応性が高いため、矯正装置に対して慣れが早く、違和感が少ない。もちろん、慣れないという理由から途中で中止した患者さんはいません。

ケガから歯を守る

飛び回って遊ぶ子供たちは勢い余って歯を回りのものにぶるけることがあります。とくに前歯が出っ張っているお子さんは要注意です。

早い時期から自分の笑顔に自身が持てる

今の子供たち(とくに女の子)は意外と早い時期から友達の歯をみて、評価しているようです。キレイで健康的な歯並びは自信にもつながります。

子供の治療の欠点

取り外しができない装置を用いる場合、矯正用のハミガキ練習が必要です。しかし、難しい特殊なことをするわけではありません。

お父さんお母さんの協力が必要です。小さいお子さんの矯正治療にはお家の方の協力が必要です。

乳歯の頃はきれいな歯並びだったのにどうして

乳歯の頃はきれいな歯並びだったのにどうして永久歯になると歯並びが不揃いになってしまうのでしょうか。 乳歯に比べて大きな永久歯とアゴの大きさのバランスが崩れているからです。

重なり合っている歯

治療前   治療後

硬い物を良く噛んで食べない、喉や鼻の病気、指しゃぶり、何かを噛む癖、遺伝など様々な原因が考えられます。小学校時の顎の成長発育(顎がどのくらい大きく成長するか)は歯並びに大きく関わっており、現代人は顎が小さくなってきている傾向にあるようです。100年後の日本人の顔の予想図では、頭から顎にかけて三角形のように顎が益々退化していくようです。

いつ矯正医に相談すればいいの?

歯並びのご相談の目安として7歳、あるいは前歯の永久歯が2本出て来た頃が良いタイミングです。その時期に将来の歯並びの大まかな予想ができます。

開咬(かいこう)

治療前   治療後

顎の骨の場合は良くかむことによりそれが刺激になって成長発育に結びつきます。最近の研究では良く噛む子供は脳細胞の発達が良いという報告もあります。もちろん審美的な問題も大きいですが、とくに成長期のお子さんの場合、矯正治療によって顎の成長を助けてあげる、あるいはその子本来の顎の成長を引き出してあげるという目的に行います。とくに前歯の噛み合わせが反対(受け口)の場合は早めのご相談をお勧めします。

指しゃぶりは歯並びと関係あるの?

乳歯の頃はきれいな歯並びだったのにどうして永久歯になると歯並びが不揃いになってしまうのでしょうか。乳歯に比べて大きな永久歯とアゴの大きさのバランスが崩れているからです。

開咬(かいこう)

治療前   治療後

指しゃぶりが長くつづくと歯並びに影響してきます。開咬(かいこう)という奥歯が噛んでいても上下の前歯でかみ合わなくなり、食べ物を噛み切ることや、発音に影響を及ぼします。

男の子でも歯並びは大切

男の子でも歯並びは大切

外国の歯学部教授が日本に講演にやってきた時、一番驚いたことはなんでしょう。それは歯並びの悪い人がとても多いということです。"どうしてあんなに綺麗な服を着てオシャレなのに歯並びが悪いのだろう"と、とても不思議に思えたそうです。これは欧米と日本の文化の違いで片づけて良い問題なのでしょうか。

もちろん健康のために歯並びが良く、噛み合わせがしっかりしているほうがいいですが、健康的できれいな歯並びの人と歯並びが悪い人とどちらが人に対して好印象を与えるでしょうか。これは男女の違いはありません。

人と話する時、皆さんはその人のどこを見ながらお話するでしょうか。第一には目です。その次は鼻を通り越して口元に視線が集まっています。これから益々グローバル社会へと発展して行き、勉強でもお仕事でも世界中の人達と関わるであろう子供達が世界に向かって健康的で自信に満ちた笑顔は大きな財産となると思います。

呼吸、姿勢と歯並び

呼吸、姿勢と歯並び

人類学者によると現代に生きるヒトの顔は細長くなる過程にあり、アゴの骨もいっしょに小さく、細く進化?退化?してきているようです。それとともに歯の重なりや出っ歯など、歯並びにも影響を与えます。

歯並びは見た目や咬み合わせだけでなく、呼吸や姿勢にも大きく関係していることが分かってきました。歯並びが悪いことによって呼吸がしづらい、そして呼吸しやすいように頭を前に出し、猫背へと姿勢にも連動していきます。

歯並びが悪い → 息がしにくい → 猫背になる

歯並びと姿勢、一見、関係ないことのようでも深く関わっていることなのです。

歯並びはほとんどの場合、後天的な生活習慣とのかかわりの深いものです。2、3歳の幼児にほとんど出っ歯はいません。アゴの骨や歯並びは成長の過程での生活習慣によって影響され、徐々にアゴや歯並びの不調和を引き起こしてきます。

歯並びは生活習慣と深い関係!

» お父さん、お母さんの治療中の役割

お問い合わせ 03-5790-6205

TOPへ戻る