目黒区池尻大橋のかみやす矯正歯科は小児矯正歯科も得意としています。イビキと歯並びの案内。治療費、料金等ご相談受付中。

イビキと歯並び

1.イビキと健康

みなさん、"イビキ"と聞くとそのイメージは?


*お父さんのイビキがうるさい。
*太っている人がイビキをかきやすい。
*お酒を飲むとイビキをかきやすい。

そんなところでしょうか?

数年前、"夫のイビキについて"主婦に調査を行ったところ、多くの人が夫のイビキについてうるさいと思っているだけで、何の対策も行っていませんでした。
いわゆる、イビキをかくのは当たり前で、何か問題でもあるの?
という認識でした。


しかし最近、イビキや睡眠時の呼吸についての研究が進歩し、健康に対して、たかがイビキでは簡単に済まされないことがわかってきました。また、子供でもイビキをかく場合があります。




イビキの起こり方
寝ている時には、誰でも気道(喉の奥の空気の通り道)の周りの筋肉が緩み、その一部の幅が狭くなります。空気がその狭い部分から広い所に出たときにイビキが起こります。なお、通常、起きている時(覚醒時)には気道は広く、問題はありません(図2)。

気道がもともと狭い人や肥満によって気道の周りに脂肪が付き、狭くなった人はイビキをかきやすいのです。




イビキとつながる睡眠時無呼吸症
イビキは睡眠時に気道の幅が狭くなることによって発生しますが、その幅がもっと狭くなり、一時的に閉鎖してしまう状態に進行することがあります。この時は一時的に呼吸が止まり、無呼吸の状態になります(図3)。この無呼吸を一晩に何回も繰り返すようになると健康にも日常生活にも影響がでてきます。これは睡眠時無呼吸症といって治療が必要になります。




睡眠時無呼吸症(OSAS)の影響
Obstructive Sleep Apnea Syndrome
睡眠時の息が止まる状態が続くと深い眠りが取れず、夜中に何回も起き、睡眠不足になります。自分では息が止まり苦しい、よく眠れないという自覚症状はないため、昼間、仕事中に眠い、寝てしまう、集中力がないなど様々な影響がでてきます。とくに、乗り物を運転、操縦をしている場合には危険が伴います。今までに1979年に起きたスリーマイル島原発事故、1989年のアラスカ沖タンカー座礁事故や、日本では2003年、山陽新幹線の運転手居眠り運転事故は睡眠時無呼吸症(OSAS)により発生したといわれています。


このようにイビキは寝ている時に息を止めてしまう症状に進行し、日常生活にまで影響を及ぼすことがあります。たかがイビキという認識は改めたほうが良いと思います。

次回はイビキをかきやすい歯並びについてお話しします。




2.イビキと歯並び


イビキの原因のひとつは小さいアゴだった!


イビキの原因は気道が狭くなることにより起こるため、従来は太っていることがその原因とされてきました。
しかし、最近、日本人のイビキの原因は肥満と"小さいアゴ"というふたつの原因がわかってきました。

では、どうしてアゴの大きさとイビキに関係があるのでしょうか?

それは舌の位置(置き場所)に影響することです。もしアゴが大きく、歯並びも良ければ舌は歯の裏側に沿って上アゴにその置き場所が確保されます。通常、舌は上アゴの裏側にくっ付いています。この場合、イビキはあまりかかないでしょう。
しかし、アゴが小さく、歯並びも悪い場合、舌の置き場所がなく、後ろに引っ込んでしまいます。



次に寝ている時の下アゴの位置について考えます。人は仰向けで寝ている時には下アゴは起きて生活している位置よりも重力によって自然に後方へ下がります。

よって、元々後ろに引っ込んでいる舌は仰向けに寝ることによってさらに後ろへ下がり、気道を狭くする原因となります。

特に問題となる歯並びはいわゆる"出っ歯"、上の歯が出ている状態です。出っ歯は上アゴや前歯が出ているように見えますが、実際には、下アゴが小さく引っ込んでいることが多く見られます。
大人では睡眠時無呼吸症がひどい場合には手術によりアゴを前へ移動させて、舌を前に出しやすくする治療法があります。

3.イビキ対策としての矯正治療


前回、イビキの原因は

1. 小さいアゴ
2. 奥に引っ込んだ舌

とお話ししました。
とくに成長期である子供たちへの矯正的なアプローチを解説します。


矯正治療の目的

1. 下アゴを前方へ誘導
小さく、後ろに後退している下アゴの成長を促す→舌が前方に出せる

2.歯列の拡大
舌を前方に出せるようにする→気道が広くなる


1.下アゴを前方へ誘導した治療例
10歳 男子
出っ歯 + 小さい下アゴ


治療前
上の前歯が著しく前方に出ている
下アゴが引っ込んでいるため、下の歯がほとんど見えない



治療前
下アゴが小さく、後ろに後退している。
下唇からアゴに掛けてのラインが後ろに引っ込んでいる。



治療中
取りはずし可能な機能的な装置により
下アゴを前方へ誘導することにより、
咬み合せの治療を行った。



治療後の前歯の状態
下アゴが前方へ誘導されたことにより出っ歯は解消された



治療後の横顔
下アゴが前方に誘導されたことによりバランスが取れた
口元に改善された。
とくに下唇からアゴにかけてのラインが大きく改善した。


2.歯列を拡大した治療例
9歳 女子


治療前
狭い下アゴの歯列
全体的に歯が内側に向いている。
左右の犬歯が萌えるスペースがない。



治療中
ワイヤーやスプリングを用いて歯列を無理なく拡大していく
弱い力で歯を移動させることが大切な治療



治療後
広い歯列に変化した。
全ての歯が適正な場所に生えている。


成長期の子供のときに歯並びや咬み合せを治しておくことは、
単にキレイな歯並びになるだけでなく、大人になってからのイビキや無呼吸症のリスクを取り除くことになり、健康のため
にとても大切な予防処置の一環となります。

お問い合わせ 03-5790-6205

TOPへ戻る