目黒区池尻大橋のかみやす矯正歯科は小児矯正歯科も得意としています。症状別歯並びのいろいろの案内。治療費、料金等ご相談受付中。

症状別歯並びのいろいろ

前歯のデコボコ(叢生)

前歯のデコボコ(叢生)

歯がきれいに整列しておらず、デコボコになっていることです。アゴと歯の大きさのアンバランスのためにおきます。

最新式の装置を使うことによって、従来よりも歯やアゴに無理なく弱い力で治療することができるようになりました。
【開始可能時期】
通常は7歳ごろ、上アゴの前歯の永久歯が萌えてきた頃より開始可能です。

» 治療写真を見る

前歯が閉じない(開咬)

前歯が閉じない(開咬)

奥歯は咬み合っていても、前歯が開いている状態です。
とくにサ行、タ行など発音しづらい言葉があるかもしれません。指しゃぶりが原因のこともあります。

指しゃぶりが長引いたり、現在も継続している場合や舌の動きとも関係していますので、その癖を直す指導も行う場合があります。
【開始可能時期】
治療が比較的難しい部類の咬み合わせですので、治療に反応しやすい早い時期の治療をお勧めします。

» 治療写真を見る

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

上の歯が大きく出ている状態で、最近の子供たちは増加傾向にあります。
アレルギー性鼻炎や扁桃腺の腫れとも関係しています。

同じ歯が出ているように見えても様々は原因があります。たとえば、上の歯が出ているだけの場合、あるいは下アゴが小さいために出っ歯に見える場合あど様々です。
【開始可能時期】
通常、8歳頃、前歯が4本づつ萌えてきた頃から治療が可能です。

» 治療写真を見る

受け口(反対咬合)

受け口(反対咬合)

下の前歯が上の歯よりも前にある状態で、将来顔のバランスとも深い関係があります。

【開始可能時期】
顔のバランスに関係してきます。乳歯列に開始する場合もあります。

» 治療写真を見る

下前歯の重なり

下前歯の重なり

乳歯が抜ける前に次の永久歯が生えてきた状態です。多くは乳歯の内側に生えてきます。

通常、早めに乳歯を抜き、空いたスペースに永久歯が自然に移動するのを待ちます。
位置により、矯正治療が必要な場合もあります。

【開始可能時期】前歯4本生えてきたら

» 治療写真を見る

不正な位置(萌出異常)

不正な位置(萌出異常)

歯が適切でない場所に生えてくるのは様々な原因があります。

例1:隣の歯が虫歯で早く抜けてしまったため、そのスペース方向に歯が傾いてしまった。

例2:乳歯がいつまでも抜けないために、永久歯が逸れた位置に生えてきた。
など.....
子供、大人と年齢に関係なく、このような状態は考えられます。
専門医への相談が必要です!

【開始可能時期】専門医への相談が必要です。

» 治療写真を見る

深い咬み合わせ(過蓋咬合)

深い咬み合わせ(過蓋咬合)

咬み合わせたときに下の前歯が上の歯が被ることによって見えない状態です。

前歯の咬み合わせが下の歯が見えないほどオーバーラップしているため、下アゴの成長を抑制してしまいます。それによって小さな下アゴのままにあり、上下アゴのアンバランスを招きます。ワイヤーや取り外し可能な装置を組み合わせて治療を行います。
【開始可能時期】
治療は7歳ごろ、前歯が萌え変わったころから可能です。

» 治療写真を見る

あごの横ずれ(側方交叉咬合)

あごの横ずれ(側方交叉咬合)

上下のアゴの大きさのアンバランスなどにより噛み合せが横にずれることがあります。この状態を放置するとお顔がゆが んでしまう可能性があります。

【開始可能時期】
顔の輪郭にも関係します。
治療は7歳ごろ、前歯が萌え変わったころから可能です。

» 治療写真を見る

前歯の横ずれ

前歯の横ずれ

前歯の1-2本が逆になっている と、下アゴが左右へずれてしまったり、噛むたびに不適切な力が歯や顎関節にかかり、痛めてしまうことがあります。

【開始可能時期】
顔のバランスにも関係します。
治療は7歳ごろ、前歯が萌え変わったころから可能です。

» 治療写真を見る

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯(空隙歯列)

通常の萌え変わりでも一時的に前歯に隙間ができますが、とくに上の真ん中の前歯の間が2mm以上開いている場合は、注意 が必要です。

【開始可能時期】

» 治療写真を見る

お問い合わせ 03-5790-6205

TOPへ戻る